大地 AS-L の主な特徴
クラスターが微細 希釈液はクラスターが微細です。また、硬度が下がり硬水を軟水に変えるイオン化現象が洗浄の効果を最大限増幅します。
−度溶いた溶液は、直射日光を避ければ1年程度は効能が落ちません。
無害・安全 危険度の高い薬品を使用しておりませんので、洗浄作業を安全に行えます。
分解型 分解型であるため、排水時の中和剤の使用の必要は一切ありません。更に排水溝、排水路の浄化に役立ちます。
油脂分解 動植物系・鉱物系の油脂分解除去をいたします。
低い腐食性 鉄・銅・アルミニウムの腐食性がほとんど無く、ゴム類に対しても悪影響を及ぼしません。
スケール等の除去 タンパク質・カルシウム・マグネシウム・カーボンなどの除去、スケール(水垢)・シリカ・藻の除去に威力を発揮し再付着防止効果が高い。
洗浄後の効果 光沢復元・すすぎ性の良さは金属類の脱脂、洗浄後に好結果をもたらし、防錆効果が認められています。

 大地 AS-Lの用途
大地AS-Lは下記の用途に最適となっております。
自動車製造関連産業等
○工場内床洗浄  ○通箱の洗浄  ○ワーク(部品)の洗浄 
○グリーストラップ
外食産業・食堂・食品加工場等
○各種食器の浸漬洗浄  ○厨房機器類の油汚れに  ○グリーストラップ
自販機・ベンダー業界等
○超音波洗浄機による洗浄  ○高圧力噴射洗浄  ○スプレークリーンサービス
OA機器・家電機器のリフォー業界
○取り出した部品の浸漬洗浄  ○スプレー噴射による外面洗浄 
○ワーク(部品)洗浄  ○基盤の浸漬洗浄
ビルメンテナンス業等
○タイルカーペットの洗浄  ○床面の定期清掃
○ビル壁面の清掃  ○ガラスの汚れ落とし
産業廃棄物処理業等
○処理工場内の清掃  ○処理施設の洗浄
ご家庭等の頑固な汚れ落とし全般に
○業務用のみならず、ご家庭の頑固な汚れの洗浄等に効果を発揮致します。

 大地 AS-L の洗浄剤としての特徴





被洗物と有機物(汚れ)との間に入りこみ、汚れを@水A活性酸素B二酸化炭素に分子レベルに分解する。 具体的には、植物性油脂、切削油、作動油、潤滑油、グリース等の有機系の油全般、通常の手垢の汚れ、タパコのヤニ、コーヒー、油性マジックなど分解できます。 ただし、現在までに判っている分解不能(剥離は可能)なものは@モリブデン、Aリチウム系グリース。


有機物(汚れ)を30〜60秒で剥離、生分解し排水の際、配水管、路内の付着物(嫌気性バクテリア)を酸素で分解除去します。


従来の洗浄剤と異なり石油系界面活性剤を一切使用しないことにより、洗浄後の汚れの再付着、再凝固の心配がありません。
排水時における環境ホルモンISO問題、PRTR法もすべてクリアーしております。


使用している非イオン界面活性剤は活性汚炭中また河川内のバクテリアの働きにより、15日以内程度で自然に完全分解されます。


経口毒素は食塩、アルコール以下で素手による扱い、除菌、消臭効果もあり極めて安全です。
低発泡で高い濯ぎ性は作業時間の短縮、節水効果をもたらします。
有機物との反応時に発生する活性酸素により酸化漂白作用があります。


洗浄処理後の製品表面に光沢復元、防錆作用があり、また表面に汚れがつきにくいことが認められます。


粉体にて提供することにより、無駄な流通コストの削減、容器(産業廃棄物)を減らします。 袋は焼却時におけるダイオキシンゼロの素材を使用しています。


被塗物の洗浄用途により、2倍〜50倍の希釈倍率が選択でき、浸漬(ドブ漬け)洗浄の場合は反復使用が可能で経済的です。
外食産業でも、床清掃、グリストラップの洗浄、グラス洗浄にも効果的です。
トイレの清掃にも、除菌、消臭効果があります。

 大地AS-L 成分・使用方法
 大地AS-Lの組成成分表
○ヤシ脂肪酸ジェタノールアミド
○ポリオキシアルキレンアルキルエーテル
○過炭酸塩
○メタケイ酸ナトリウム
○ 炭酸塩
○工チレンジアミン四酢酸四ナトリウム
 大地AS-Lの使用方法
○水100に対し大地AS-Lを5希釈して下さい(20倍希釈)。
20倍が基本希釈倍率です。汚れ・洗浄物によって希釈倍率
は変わります。
○洗浄効果を高めるために、加温・エアーブロー・超音波洗浄な
どが効果的です。
○保管に際しては、液体ですので冬期など低温になる場合はご注
意下さい。。
 大地AS-Lの使用上の注意
○サンゴ・オパール・真珠などの宝石類ははずして下さい。
○銀製品・漆器など高級食器・ウール・シルクなどはお
試しの上ご使用下さい。
○他の洗浄剤などと混合して使用しないで下さい。

 大地AS-L 製品仕様
大地AS-Lは下記の通りの販売となります。
荷 姿
20リットル入ロンテナ(段ボールケース入り)

 
 大地AS-L実験動画
大地AS-Lを軽油にかけ油脂分解を行った動画です。是非ご覧ください。  

Copyright 2007 Hokkaiseiki co.,ltd