インジェクターやDPF/DPR/DPD(排気ガス集塵装置)のメンテナンス費用削減

インジェクタ―交換の場合 小型で20万から大型で60万円かかり、排気ガス集塵装置では30万〜100万円かかります。
それぞれが交互に発生する事が多く、運送業やバス業界は、以前は無かった費用の発生により経営状態が悪化しています。
RMC-3Eを使用することにより、交換費用、メンテナンス費用を大幅に節約できます。

 RMC-3Eのテストデーター (大型トラック)

大型トラックRMCデモ報告書.pdf
ここで弊社が手掛けている航空機・船舶で30年の実績がある【エンジン内部洗浄液RMC3E】をエンジン不調のトラックに使用した結果をご報告を致します。
現在、スキャンツールによって数値の見える化により各ディーラーの交換修理費の約1〜2割程度の費用で交換不要となります。
インジェクターなら7〜8割、排気ガス集塵装置なら5〜6割の確率で改善します。その実例報告書です。
 RMC-3Eのテストデーター (4t車 いすゞ道路工事作業車)

4tトラックRMCデモ報告書.pdf

投入後、工場長に走行して頂き加速が非常にスムーズになったが何時又戻るのか…燃料添加剤なら一時的で直ぐ以前の状態になるから…との質問に対し
RMC3Eはカーボンを剥離除去するので再度生成されるまで戻らない事を説明しました。尚、改善には約1時間程度で済み驚いていました。
インジェクターや集塵装置の交換工事は時間が掛かり、残業や徹夜になることが有るので、RMCで改善するなら助かると採用頂きました。
 RMC-3Eのテストデーター (日野デュトロ 2t)

2tトラックRMCデモ報告書.pdf

工場に入り暖機運転でエンジンを始動したら不完全燃焼により目がチカチカ、涙が出るし、排気ガスの猛烈な臭いで直ぐ全部の窓を開け換気しました。
整備中でジャッキスタンド使用によりそのままRMC3Eを投入したところ投入後、白煙がモクモクとテールパイプから出て来ました。
皆さん心配して寄って来ましたが、私はエンジンはこんなに軽く回っているから大丈夫です。もうすぐ止まりますと回答しました。以前にも経験がありましたが
オイル等が排気管の一部に残留し、RMC3Eを投入した事で燃焼が良くなり熱によって蒸気化したものと推定します。
15分後、臭いは無くなり目も痛くなくなりました。
更に エンジンは非常に調子が良くなり、インジェクター交換不要となり成りました。
 RMC-3Eの予防整備実施例
会社名:株式会社栗原運輸様(埼玉県)
配送:マルエツ・マミーマート・ローソン等 多数
保有数 :4トン車を中心に150台(冷凍冷蔵車)
使用開始:2016年1月納品 (現在4年8か月経過)
<使用状況>
各車両 2万km走行後 自社の車輌整備課にてRMC3E 500ml投入、オイル交換を順次 施工
<使用結果>
・インジェクター・排出ガス浄化装置(DPR・DPD・DPF)等の交換工事が大幅に無く なり高額な費用を抑えることが出来た。
・排出ガス浄化装置の再生間隔が非常に延びた。
・トラブル激減で車輌の稼働率が高い
・カーボンが除去されると燃焼が良くなり燃費が改善される ・有害な排出ガスを低減する事により大気汚染防止に貢献している

以上の通り、大幅な経費削減を実現し、更に環境問題に大きく取り込んでいます。


   


大型トラックの施工例


Copyright 2007 Hokkaiseiki co.,ltd